社会福祉士・精神保健福祉士について

Social Worker

社会福祉士・精神保健福祉士について

健応会の病院で働く
社会福祉士・精神保健福祉士の
役割とは?

福山リハビリテーション病院の社会福祉士、呉やけやま病院の精神保健福祉士は、地域連携部門に所属しています。国家資格を有する相談援助の専門部門として入院相談業務から退院支援まで全てのプロセスに関与し、病院運営の中核となる「病床管理業務(ベッドコントロール)」も担っています。チーム医療、病院運営の要として活躍しています。

地域連携部の紹介

求める人材

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力

患者さまやご家族の相談窓口としてだけではなく、チーム医療の一員として多職種への情報共有を行い、退院までの支援を行います。院外の関係機関とのやり取りもある為、コミュニケーション能力はとても大切です。

柔軟性

柔軟性

入院時から患者さま1名に対して1名の社会福祉士・精神保健福祉士が担当します。
患者さまやご家族の抱える様々な問題の調整、援助を行っていきます。

積極性

積極性

社会福祉士・精神保健福祉士は「制度」「医療知識」「社会資源」など幅広い知識が求められます。医療法人健応会では、「部署別研修支援制度」を設けており、さらなるキャリアアップを目指すことができ、また実習生の受け入れも積極的に行っています。

業務内容

福山リハビリテーション病院、呉やけやま病院で働く社会福祉士・精神保健福祉士は主に3つの業務を軸とし、
社会福祉の立場から患者さま、ご家族のかかえる経済的、心理的、社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図っています。

病床管理業務(ベッドコントロール)

病床管理業務(ベッドコントロール)

病床管理業務(ベッドコントロール)

福山リハビリテーション病院、呉やけやま病院で働く社会福祉士・精神保健福祉士の業務の一つとして「病床管理業務(ベッドコントロール)」があります。地域医療連携業務の「前方支援」「後方支援」を速やかに行い、病院の要でもある、病床の稼働をコントロールすることで病院運営の重要な役割を担っています。

前方支援(入院相談業務など)

前方支援(入院相談業務など)

前方支援(入院相談業務など)

地域の医療機関や福祉関連機関との連携をおこない、転院の受け入れ調整や紹介状に対する返書の管理、地域連携パス、地域連携に関する業務を行っています。また、入院される際の患者さまやご家族の相談窓口として安心して療養ができる環境をお手伝いします。

後方支援(退院支援など)

後方支援(退院支援など)

後方支援(退院支援など)

退院するにあたり、患者さまやご家族のご相談を受けながら、退院後ご自宅での生活に不安がある方には実際にお宅までお伺いし生活に不自由な場所はないか、介護用品などは必要ないか等の調査を行います。また、関係機関とのパイプ役や社会復帰の支援も行っています。

1日の流れ

1日の流れ1日の流れ

もっと知りたい健応会

福山リハビリテーション病院~社会福祉士紹介~

呉やけやま病院~精神保健福祉士~

健応会で一緒に
働いてみませんか?

患者さまが自分らしさをとりもどせるように、
患者さまの人生に寄り添ったケアを一緒にしませんか。お待ちしています。

keyboard_arrow_right募集要項を見る

医療法人 健応会