健応会について

About Kenohkai

メッセージ

福山リハビリテーション病院

 竹縄 珠姫

看護部
看護部長
竹縄 珠姫

看護部の理念は「支える手と心の看護」です。

病院理念である「自分らしさをとりもどす、精一杯のお手伝い」を基本に、多職種と連携を図りながら看護をすすめています。プライマリー制を採用し、患者さまの入院から退院までを一人の看護師が責任を持って担当し、在宅復帰を目指します。自宅に戻られた後、ご家族から適切な介護が受けられるように、ご家族への介護技術指導も行っています。看護師の日々は変化に富んでいます。新しい患者さまが入院したり、患者さまの容態が急変したり、予測しにくいことが起きてすぐに対応に迫られる事も特徴のひとつです。そうした変化の中で困難が大きければ大きいほど、乗り越えたときの喜びは別格です。その為にも、院内・院外研修など積極的に参加し、新しい知識や技術の習得に力を入れています。質の高い看護が提供できるように、安全な職場づくり、働きやすい職場環境を目指し福利厚生の充実・有休取得の推進・24時間託児所の設置など、家庭と職場の両立をサポートしています。患者さまが自分らしさをとりもどせるように、患者さまの人生に寄り添ったケアを一緒にしませんか。

 溝部 佳史

リハビリテーション部
課長
溝部 佳史

「リハビリはあきらめない!」をキャッチコピーにしています。

退院後の「その人らしい生活」をイメージし「あきらめないリハビリ」を提供しています。回復期病棟と障害者病棟では、求められるリハビリ内容は違いますが、退院される時、福山リハビリテーション病院でリハビリを受けて「良かった」と思って頂けるよう心がけています。院内には、天井走行型歩行機器やデジタルミラー、ドライブシミュレーターなどの機器を導入しています。また、リハハウスやリハテラスなど退院後の生活に合わせた動作を練習できる環境も整っています。高次脳機能地域支援センターでのリハビリや訪問リハビリ、地域における介護予防事業など、退院後の生活もサポートしています。スタッフ数は100名を超えており、各々の長所を生かしながらリハビリの提供に努めています。教育体制として、先輩スタッフが様々な業務を指導していくプリセプターシップを行っています。「その人らしい生活」に向けて、改善をあきらめない。そして、患者さまご家族さまに納得して頂けるリハビリ目指して、ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

 渡辺 正弘

事務部
次長
渡辺 正弘

専門スタッフが患者さまとあなたをチームでサポートします

福山リハビリテーション病院は日本リハビリテーション医学会認定研修施設です。看護師、セラピストをともに100名以上擁し、回復期リハビリテーション病床を120床有する広島県東部最大規模の回復期リハビリテーション専門病院です。当院では入院されている患者様へのリハビリを365日、休みなく行っています。そこに従事するスタッフは皆、安定した指導体制と教育環境の中でのびのびと働きながら自分を磨くことができます。子育て世代にも長く働きやすい環境や制度を運用しています。平均年齢36歳(事務部を除く)の職場は、明るく活き活きとしていて幾層もの世代には一体感、連帯感があります。そんななかで、脳卒中や交通事故など、思いがけず入院を余儀なくされた方の病気やケガ、体の麻痺を治すだけでなく、ひとり一人の家庭復帰、社会復帰のお手伝いを通じて自分らしさを取り戻していただく…私たちはそんな仕事をしています。

大門あかつき病院

 國廣 進矢

事務部
部長
國廣 進矢

病院の「合併」「引っ越し」という貴重な体験に参加いただけるスタッフをお待ちしております。

当院は、急性期医療から在宅への架け橋として、回復期・慢性期の分野において、医師をはじめ薬剤師、管理栄養士、セラピストなどのコメディカルスッタフや看護師、社会福祉士などの多職種が、それぞれの専門分野の知識や技術を結集させ、患者さま中心のチーム医療を考え実践します。
 そんな当院ですが、2019年5月に医療法人健応会に加わり、2021年4月には福山リハビリテーション病院と合併することとなりました。
 現在の職員は福山リハビリテーション病院に患者さま一緒に引っ越しを行います。
病院の「合併」「引っ越し」という貴重な体験に参加いただけるスタッフをお待ちしております。

呉やけやま病院

 阿賀岡 礼子

看護管理部
看護部長
阿賀岡 礼子

看護の仕事を通して成長し、活躍したいと思う人を求めています

私は、看護師としてこのやけやま病院に再就職するまで、約10年間のブランクがありました。復職したての頃は、久しぶりの看護業務、経験したことのない精神科ということもあり、自信がなくなり看護師としてやっていけるのか悩んだ時期もありました。あれから20年。気付けば多くの職員の方々に支えられ、多くの患者さま・ご家族さまと出会い、たくさんの経験をさせていただいた私がいました。今思うことは、「看護師の仕事を辞めなくてよかった」「この病院に再就職してよかった」ということです。これから就職・再就職される方が、同じように思っていただけるよう、これからも職場環境を整えていきたいと思っていますので、ぜひ一緒に働いてみませんか。

 比嘉 基

リハビリテーション部 作業療法科 
科長
比嘉 基

充実した設備・器具など、働きやすい環境で一緒に働きましょう。

当院では、作業療法士8名・理学療法士1名おり、20代から40代までの幅広い年齢の構成となっております。また、精神科作業療法をはじめ精神科病院では珍しい疾患別リハビリテーション・認知症リハビリテーションを実施しております。院内には、リハビリテーション室はもちろんですが、リハビリに必要な器具も充実しており、とても働きやすい環境で業務しています。新しく学校を卒業される方や、ご自身のスキルアップも含め精神科病院の経験のない方でもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。患者さんに寄り添い、緑に囲まれた自然あふれる当院で一緒に働きましょう。

 太田 直

事務部
部長
太田 直

緑に囲まれた、自然豊かな環境で一緒に働きませんか!

●スキルアップの支援
院内研修だけでなく、院外研修への参加も積極的に支援しており、研修費等をサポートする制度があります。
●子育ての支援
育児支援を推進しており、生活スタイルが変わっても柔軟に対応することで、安心して働いていただけるように、託児所も完備しております。
●福利厚生の充実
職員旅行や納涼会・忘年会などを開催し、職員間のコミュニケーションが図れる機会を設けております。
当院は、経験のない方も大歓迎いたします。まずは、勇気を持って一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。候補の一つとして当院を選んでいただけるよう、職員満足度を高め、働きやすい環境づくりを目指していきたいと思います。

介護老人保健施設ゆめの杜

 日下とよみ


副施設長
日下とよみ

「介護老人保健施設ゆめの杜」を創り上げる、 大切な仲間になりませんか。

介護老人保健施設ゆめの杜は、2020年を迎え開設25年になります。施設全体を利用者様が住みなれている「家」をイメージした、改修工事が行われました。私たちの施設「暖かく、明るい、ゆめの杜」に生まれ変わり、介護福祉士をはじめ多くの医療職・介護職等が施設の中で、「繋がり」である他職種の連携を繰り返しながら、利用者様・ご家族様の施設での生活援助から、ご自宅での生活へ繋げる「自立支援・生活支援」を提供している施設であり、また介護老人保健施設のもう一つの大切な目的である「人生の最終段階における看取りケアを提供」をさせて頂く施設でもあります。「ときどき在宅、ときどき老健」ゆめの杜は地域の「かかりつけ老健」を目指して多くの職員が「明るく・楽しく・繋がり」を持ちながら、利用者様・ご家族様の笑顔、地域の皆様方の笑顔のために、働いている介護老人保健施設です。一緒に、「明るく、楽しく、働き、繋げる仲間」に、なりませんか。

 佐藤 治朗

事務部
部長
佐藤 治朗

一緒に出来ることから始めましょう、 必ず何とかなります。

介護老人保健施設ゆめの杜のモットーは「ときどき在宅・ときどき老健」です。
在宅生活が続けられるよう地域の皆さまの「かかりつけ老健」を目標に、ご利用者さま・ご家族さまの思いに寄り添った幸せづくりをサポートすべく、看護・介護・リハビリ・ケアマネージャー・支援相談員が連携して日々の業務に励んでいます。
今後、ゆめの杜が力を入れるポイントは、
Ⅰ.在宅(ご自宅)への復帰支援 
Ⅱ.無理のない看護・介護サービス
Ⅲ.リハビリテーションの充実、自立のためのリハビリテーション
Ⅳ.働きやすさの支援 

是非、あなたの工夫をここで実践してください。個性的な方、歓迎いたします。

介護複合施設さくら並木

 坂本 雄二


施設長
坂本 雄二

私達は“笑顔”で“ありがとう”という声が頂ける 施設運営を行っています。

ご高齢の方が穏やかな日常を過ごしていただけるように、ご家族に代わってお手伝いをする人対人のお仕事です。利用者さまとの何気ない日常の掛け合いの中に、思わず微笑み、やりがいを感じられるひと時がきっとあります。どんな所なのかな?職場見学や体験も大歓迎です。未経験?経験が少なくとも大丈夫!なぜなら、さくら並木では専門職としての知識・技術の前に、人としての優しさ・目配り・気配り、誠意ある行動が出来る“人”を求めているからです。後はあなた次第!入職後はベテランスタッフの指導で、現場での業務や資格取得をサポートします。みんなが集まってのさくら並木です。私達はスタッフ一人一人を大切にしています。仲間を思いやる心を大切にしている職場で、私達の仲間になり、一緒に働きませんか?

 脊尾 則精

事務部
部長
脊尾 則精

経験、資格は問いません。 利用者さまと真摯に向き合える方をお待ちしております。

介護複合施設さくら並木は2017年4月に現在の西深津町へ新築移転し事業を運営しております。新築移転を機に開設したデイサービスセンター桜並木では当法人グループの強みであるリハビリに特化したデイサービスを運営しております。入居の事業所としては、介護付き有料老人ホーム桜並木、グループホーム桜並木を運営しております。1階には福山市の委託事業である、地域包括支援センター三吉を併設する複合施設となっております。福利厚生の充実、スキルアップ支援、子育て支援が充実している法人です。未経験、無資格の方でも安心して働ける環境、ベテランのスタッフが整っています。私自身も介護士、生活相談員としての実務経験がありますので、サポートさせていただきます。さくら並木は地域に根差した施設運営を目指しています。地域から期待、必要とされる施設作りを一緒にしませんか。

有料老人ホーム あかつき苑

 高橋 則子


施設長
高橋 則子

人と関わることが好きな方、求めています。

介護が必要な状態になられても、住み慣れた地域の中でお一人おひとりの気持ち、ご家族さまの気持ちに寄り添えるような施設づくりを心かけております。2019年6月には、健応会福山リハビリテーション病院グループの一員となり、医療、リハビリ、介護の協力体制もあり安心です。あかつき苑では、職員同士の人間関係を築きながら、お互い協力し合い、笑顔で人を思いやる心を持ち、行動しております。介護の仕事は、大変なことも多いですが、やりがいもあります。大変なことが多い分利用者様からの「ありがとう」と言って下さる言葉に心が笑顔になります。私たちと一緒に働きませんか?また施設を気軽に見学に来てください。

グループホーム やまびこの里

 切田 昌浩


管理者
切田 昌浩

認知症の介護に興味のある方や チャレンジしてみたい方をお待ちしてます。

当病院では新たな試みとなる『グループホーム』でのお仕事です。認知症の方のお世話(介護)をしたい方や、『認知症介護』というものに興味のある方を求めています。穏やかな時間の流れの中で入居者様の生活のお手伝いをするのがお仕事です。料理・洗濯・掃除等々…日常の生活の中で行うことのお手伝いをします。もちろん基本的な食事・入浴・排泄のお手伝いもしていきます。介護、という仕事はキツイ…とよく言われていますが、その中にも満足感や達成感を得られる仕事だと思います。又、認知症の方のお世話は特に大変ですが、入居者様の笑顔に癒される。という事も多いです。充実感の得られるお仕事を一緒にしてみませんか?
お待ちしています。

福山市地域包括支援センター三吉

 黒瀬 文


管理者
黒瀬 文

子育て世代や介護をしながらでも働きやすい職場ですので、一緒に働いてみませんか?

地域包括支援センターの仕事は大変なイメージかもしれませんが、とてもやりがいのある仕事です。当事業所では、ケアプランの作成以外にも、地域活動にも力を入れています。サロンや高齢者の方が集まる場所での出前講座や啓発活動。地域のケアマネジャー向けの勉強会、多職種の方と顔の見える関係作りを目的に、3ヶ月に1回「夜ざくらケア・カフェ」という多職種連携の会も開催しています。地域の高齢者がいつまでも住み慣れた自宅で生活できるように、様々な取り組みをしていますので、地域づくりに興味のある方はぜひお力をかしていただきたいです。事業所としては少人数ですが、チームワークはどこにも負けない自信があります。保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員がそれぞれの得意分野を活かしていつも笑顔で業務に取り組んでいます。子育て世代や介護をしながら仕事をしている職員も多いので、日頃の悩みを相談しながらとても働きやすい環境だと思います。「迅速な対応、断らない相談窓口、気軽に寄ってもらえる事業所」を目指していますので、是非ご一緒に働いてみませんか♪

健応会で一緒に
働いてみませんか?

患者さまが自分らしさをとりもどせるように、
患者さまの人生に寄り添ったケアを一緒にしませんか。お待ちしています。

keyboard_arrow_right募集要項を見る

法人概要 | 医療法人 健応会