メッセージ

健応会で一緒に働いてみませんか?
各事業所の管理者から、求職者のみなさまへのメッセージ

福山リハビリテーション病院外観イメージ福山リハビリテーション病院別ウィンドウで開きます

イメージ
看護部長
竹縄 珠姫(たけなわ たまき)

 病院理念である「自分らしさをとりもどす、精一杯のお手伝い」を基本に、看護部は多職種と連携を図りながら看護をすすめています。
 当看護部は受け持ち制にて、患者さまの入院から退院までを一人の看護師が責任を持って看護します。日常生活の食事・清潔・入浴・排泄・離床など在宅復帰を目指し患者さまの状態にあったケアを提供します。院内研修・院外研修など積極的に参加し、新しい知識や技術の習得に力を入れています。
 新入職員においては、プリセプターによる個人指導と集合研修で行う医療安全対策・感染防止対策・接遇・急変時の対応などの専門的知識・技術が習得出来ます。
 質の高い看護が提供できるように、当院では安全な職場作り、働きやすい職場環境を目指し福利厚生の充実・有給休暇取得の推進・24時間託児所の設置など家庭と職場の両立が図れるように取り組んでいます。
 看護師は常に学びのある素晴らしい職業です。看護師の日々は変化に富んでいます。急に患者さまの容態が変化したり、新しい患者さんが入院したり、予測しにくいことが起きてすぐに対応に迫られる事も特徴のひとつです。そうして変化の中で困難が大きければ大きいほど乗り越えられれば喜びは格別です。そして看護の喜びと感じることが出来る訳です。患者さまが自分らしさをとりもどせるように、患者さまの人生に寄り添ったケアを一緒にしませんか。お待ちしています。


イメージ
リハビリテーション部 課長
溝部 佳史(みぞべ よしふみ)

 リハビリを提供するうえで大切なのは、退院後の「その人らしい生活」をイメージすること。
 回復期病棟と障害者病棟では、求められるリハビリ内容は違いますが、退院された時、福山リハビリテーション病院でリハビリを受けて「良かった」と思っていただけるよう心がけています。
 院内には、天井走行式歩行機器やデジタルミラー、ドライブシュミレーターなどの機器を導入しています。また、リハビリハウスやリハテラスなど退院後の生活に合わせた動作を練習できる環境も整っています。
 チームアプローチの観点から、リハビリスタッフを各フロアに配置し、主治医や看護師、ケースワーカーと随時情報共有しています。摂食嚥下は歯科衛生士と一緒に口腔ケアに取り組み、リハカンファレンスには栄養士も参加し、リハビリ栄養にも力を入れています。また、高次脳機能障害者に対する自動車運転や就労支援などの取り組みも行っており、さまざまな角度から、患者さまの自分らしさをとりもどすお手伝いをしています。
 また、入院リハビリだけでなく、高次脳機能地域支援センターでの外来リハビリや訪問リハビリ、地域における介護予防事業など、退院されてからの生活もサポートしています。
 リハビリテーション部は100名を超えるスタッフが在籍しており、各々の長所を生かしながら、部の理念でもある「その人らしい生活を取り戻す、最高で最善のリハビリテーション」の提供に努めています。教育体制として、社会人、そしてリハビリ専門スタッフとして、独り立ちできるよう、経験の浅いスタッフに対して、先輩スタッフが様々な業務を指導していくというサポート体制をとっています。
 患者さまご家族さまに納得して頂けるリハビリ目指して、ぜひ一緒に頑張っていきましょう。


呉やけやま病院外観イメージ呉やけやま病院別ウィンドウで開きます

イメージ
看護部長
阿賀岡 礼子(あがおか れいこ)

 当院は、呉市郊外に位置する精神科の病院です。平成27年10月、敷地内に新築移転し、新たに認知症治療病棟も加わりました。

 精神科というと「どう対応していいのかわからない。苦手だ」と敬遠される方も多いと思います。私もその一人でしたが、託児所があるということでブランクはありましたがこの病院に再就職し、人とかかわる仕事の奥深さを知り、今では患者さまとかかわることがなによりの楽しみとなっています。大変なこともありますが、他部署との連携はもとより、職員同士お互い協力し合い乗り切っています。

 今後も患者さま、ご家族の方々に信頼され職員が誇りを持って働ける病院を目指して頑張っていきます。  そんな呉やけやま病院で、あなたもご一緒に働いてみませんか。


イメージ
リハビリ科 課長
比嘉 基(ひが もとい)

 入院時の作業療法、退院時の通所リハビリと社会復帰を、他職種の職員と一丸になって患者さまへのサービスが行える病院です。当院へは精神科作業療法に関心と作業療法課の開設があったことと、学校の先生に勧められたことで務めたいと思いました。

 患者さまのケアをする上では、訴え・相談など、時間をかけてしっかり聞くことが大切です。また、各々に適した作業プログラムを提供することを心がけています。接遇を徹底し、職員間のコミュニケーションを良好にし、情報交換を行っています。

 離職中の方でも働く意欲があれば、復帰が可能な職場です。業務内容を少しずつ覚えて行き、一緒に患者さまのケアに取り組みましょう。新卒者の方には先輩職員が一人につき一人が担当して教えていく「プリセプター制度」を設け、早期の独り立ちを目指します。


介護老人保健施設 ゆめの杜外観イメージ介護老人保健施設 ゆめの杜別ウィンドウで開きます

イメージ
介護老人保健施設 ゆめの杜
施設長
植木 和則(うえき かずのり)

 福祉の世界で働くことは初めての経験でしたが、業務内容を聞き、とてもやりがいのある仕事と感じて働くことを決めました。働いてみると、和気あいあいとした雰囲気の施設で、職員の明るく生き生きと働いている姿が、とても素敵な職場でした。

 一度離職されていた方の再就職も多く、皆さん最初は不安を抱えていますが、事前の職場見学やボランティアで職場経験をすると安心されます。慣れて頂くまでには、先輩職員が個別指導にあたるため心強いです。今まで培った経験をいかしながら、さらにステップアップを踏むには最適の施設です。もちろん、新人の方も安心できるように、職員同士の人間関係を築きながら指導を行いますので、お互いに協力しながら業務に取り組んで行きましょう。まずは施設を気軽に見学しに来てください。明るい雰囲気が必ず伝わります。


有料老人ホーム 桜並木外観イメージ有料老人ホーム 桜並木別ウィンドウで開きます

イメージ
介護複合施設 さくら並木
施設長
坂本 雄二(さかもと ゆうじ)

 ご高齢の方が住み慣れた地域で穏やかな日常を過ごしていただけるように、ご家族に代わってお手伝いをするお仕事です。私達は“笑顔”で“ありがとう”という声がいただける施設運営を行っています。
 在宅サービスとして、リハビリに特化したデイサービス。グループホームには認知症の方専用デイサービスがあります。入居していただくサービスとしては介護付有料老人ホーム、グループホームを擁し、福山市の委託事業である地域包括支援センター三吉も加わった介護複合施設となっております。
 また、福山リハビリテーション病院グループの一員というスケールメリットがあり、医療・リハビリ・介護での協力体制があり安心です。
 スタッフは“誰もが誰かの大事な人だ”ということを忘れず、いつも一緒に居ることができないご家族の代わりに、家族の気持ちを考えてお一人お一人に関わっています。その安心は、利用者さまだけでなく、ご家族の生活をも支えていくことになるのではないかと考えています。
 さくら並木では専門職としての知識・技術の前に、人としての優しさ・目配り・気配り、誠意ある行動が出来る人を求めています。
 若い方以上に元気なベテランスタッフも多く、実務経験のない方、少ない方へも経験値に合わせた指導を心がけています。
 みんなが集まってのさくら並木です。私達はスタッフ一人一人を大切にします。仲間を思いやる心とチームワークを大切にしている職場で、私達の仲間になり一緒に働きませんか?


求人検索

ページトップに戻る